生活できない人には

生活保護を貰える条件

トップ

生活保護の条件に関して

毎日暮らしていくのに、今の状況では暮らせない方や金銭的に苦しい状況にある方などが利用できるのが生活保護です。これを受けるには四つ条件があります。まず一つ目は援助をしてくれる親族の方などがいないことです。二つ目は資産がない場合です。三つ目は病気や怪我で働くことが困難である場合です。そして最後は先ほど申しました一つ目から三つ目を満たしていて、さらに月の収入が暮らしていくために必要な額を下回っているということです。この四つの条件を満たしていれば、お金が支給され、生活が保護されます。もしもの時は、一度申請してみるといいでしょう。

医学部希望の人向けの予備校徹底サポートはこちらから。
担当講師によるきめ細やかなサポートと保護者との連携がしっかりしている事でも人気の学校です。

補助

保護が認められる条件とは

ケガや病気で働けなくなり、まったく収入のあてがない、という場合、そのままでは生きる事すらままなりません。そんな時には生活保護という制度を利用すると良いでしょう。これは、法律で定められている制度で、収入がなく困っている人を助けるためにあります。ただし、保護を受けるには一定の条件があります。条件の詳細は直接問い合わせればわかりますが、基本的には、貯金や財産となる物品などを所有しておらず、かつ援助してもらえる親族がいないこと、そして働きたいけれど病気等によって働けない、といった状況の場合には申請が通ることが多いようです。ただし、最近では働いていても生活状況によっては支給されるケースもあるので調べてみるとよいでしょう。

生活保護受給の情報

新着情報